水素療法

水素療法とは?

 水素を多量に溶け込ました水(飽和水素水)を飲ませたり、シャワーすることで悪玉活性酸素だけを除去し、 治療に有効な抗酸化剤として作用させます。

水素はペットに何をしてくれるの?

 あらゆる病気の原因となる悪玉活性酸素を消去し、体質改善により皮膚疾患や内臓疾患に有効に働きます。(水素は悪玉活性酸素と結合して水になるので、副作用の心配はありません)

活性酸素ってなに?

 私達は呼吸して酸素を取り入れています。その酸素と食物から取り入れる栄養素によって細胞中のミトコンドリアというところでエネルギーを作り出します。その時、普通の酸素より活性化した活性酸素が発生します。この活性酸素が体内で処理できなくなると、血管はもとより体内の脂質、細胞膜、組織、遺伝子など、いたるところが酸化され、変質していきます。このような状態を「酸化ストレス」といい老化の進行や病気の発生の原因となることがあります。
 活性酸素はきわめて障害性の強い物質ですが、100%悪者ではありません。体に細菌やウィルスが侵入してきたときは、その強い障害作用で守ってくれます。

効果の期待できる病気

◇アトピー、アレルギー性皮膚疾患
免疫細胞が、本来反応する必要のない花粉などに反応し、活性酸素を過剰に放出し、正常な細胞を傷つけます。水素は活性酸素と結合して水になるために、症状の緩和が期待されます。
◇糖尿病
インスリンを分泌する膵臓細胞やインスリン受容体は活性酸素に弱く障害を受けやすいといわれています。水素はインスリンや受容体を正常に機能するよう助けます。
◇ウィルスによる感染症
体内にウィルスが侵入すると免疫細胞は活性酸素を放出してウィルスを撃退します。ウィルスが大量に侵入すると、過剰に放出された活性酸素によって免疫細胞が自滅します。水素と活性酸素が結合して水になることで、免疫細胞が機能できるようになります。
◇癌
がん細胞はテロメラーゼという酵素がテロメアという遺伝子のある部分に結合し、修復できる為に無限に増殖します。水素はテロメラーゼとテロメアの結合を阻害します。

悪玉活性酸素が発生する要因

(活性酸素は体内で自然に発生するものだけではありません。)
・食品添加物、洗剤、化学品、残留農薬
・ストレス
・排煙、ダイオキシン
・車の排気ガス
・X線撮影、放射線治療
・激しい運動
・細菌やウィルス
・過酸化脂質
・紫外線、酸性雨、電磁波
・虚血

※参考 水素水¥100/1L (容器¥1400)

使用方法や治療に関してご相談ください。